FC2ブログ

2019~2020 年越し 深夜にプーケット

コロナ肺炎で、少し中国気分ではないので、先にプーケット〜タイの様子をあげていきます。

プーケット空港着は深夜2時前。もともと航空券を予約したのが、旅行の10日ほど前でこの時期としては破格の一人42000円のチケットでした。ネックは、プーケット深夜着、深夜出発。

昔なら「空港で朝まで過ごす」一択だったのですが、プーケット空港が小さいこと、息子が「もう空港では寝たくない」ということで、次は「空港近くのホテルかタクシーで移動して市内のホテルか」。

ただ、空港近くのホテルに私好みのホテルはないので、プーケットタウンのホテルにしました。
エケコホテル

どうやって深夜にたどり着くか?我が家は、基本は徒歩か公共交通機関を使っての移動なのですが、深夜なのでタクシーしかありません。市内まで1時間弱ほどのタクシーをどこで手配するか、空港でついてから手配するかとまたぐるぐる。

いくつかのネット手配のタクシー会社を比べて、今回は深夜着にも関わらず一番安かったklookへ。クーポン使って、市内まで1000円程度でした。

飛行機はもちろん、ホテルも空港送迎も全部ネットでクリックひとつで事前手配、本当に旅行が変わりました。

変わったといえば、空港のお迎え風景。昔は、出口をでると送迎の運転手が名前のプレートを持って立っていた気がするのですが、今はプレートだけがいっぱいかかっていて、お留守番で見ている人に声をかけるとスマホで呼び出してくれました。すっかり、南国も効率的です。

とにかく、みんなスマホ片手。我が家もタイで使えるSIMカードを事前に購入していたので便利でした。

なんの問題もなく、深夜にホテルに到着です。すでに料金も支払っているので、タイバーツの心配もありません。

ホテル着3時。宿のお兄さん、寝て待っててくれました。

三段ベッドの小さな部屋です。(さらに下にベッドがあります)でも、トイレ・シャワーつき。3人部屋が貴重。窓はほぼないですが、バーツ高のなか、3000円ちょっとなので、文句はなしです。

IMG_1505.jpeg

とにかく寝て、チェックアウト前に朝ごはん。といっても、勝手に食べてねスタイル。キッチンも勝手に使って、洗い物もしてね、でした。開放感ありました。

IMG_1507.jpeg

IMG_1040.jpeg

宿のおしゃれなオーナーのお兄さんは、日本が大好きですでに6回も行ってるとか。今年の2月にもママと2週間長野にスキーにいくんだ〜と言っていましたが、どうしただろう?
スポンサーサイト



2019~20 年越し旅行は成都〜プーケット〜カオラック〜南京 1

中国の航空会社で、年末年始と思えない金額の航空券でいった旅行。おかげで、中国2都市も行ってこれて、中国の発展ぶり、奥深さ、面倒さを少し実感することができました!

まずは、名古屋から成都。ここは、秋に雑誌で見て「行きたいな」と思っていたところ。中国で一番住みやすい町といわれているらしい。真夜中でよくわからないけど(深夜2時)、ネットで予約した安宿に、ネットで宿にお願いしたお迎えの車、でもちゃんとお迎えして宿まで連れて行ってくれました。1時間近く車に乗って約1000円、宿3人部屋で1700円。中国恐るべし。

IMG_1458.jpeg

翌朝、農家なので市場をぶらぶら。昔に比べて、売られている野菜のきれい。作り方はわからないけど、見た目も見せ方もきれい。

IMG_1463.jpeg
IMG_0993.jpeg

そして、成都といえばパンダ。整備された地下鉄とバスを乗り継いでパンダ基地。もう、一生分のパンダみた気がします。
ちびっこから大人パンダまで20頭近く。広い園内でゴロゴロ。あまりのかわいさに時間を忘れます。
旅行一日目にして、すでにマックスの興奮でした。

IMG_1481.jpeg
IMG_1485.jpeg

トマト収穫続いてます

前回の台風ネタでは、ご心配をおかけしました。
あのあと、ちょっと強い風が吹くたびにドキドキしていますが、とりあえずぼっろっちいビニールをかぶったハウスは元気にやっています。

この写真ではわかりにくいのですが、後ろ半分は生き残ったビニール、前半分はビニールが完全に破れてしまったのでそのあたりに転がっていた古いビニールを切ってつなげています。

IMG_0743.jpg

畑に転がっていたビニールなので、天井が汚れています。トマトも全体に倒れていたものを紐で引っ張って起こしたので、蛇行したトマトの列になっています。本当はまっすぐでした(泣)
IMG_0744.jpg

実際のハウスは、あっちこっち穴が空いていたり裂け目ができていたりしますが、行くたびにそこを補修して、だましだまし今シーズンは使っていければなあ、というところ。

風雨にさらされたのに、トマトは元気いっぱい実をつけてくれていますので、人間もがんばってお世話して支えていかねばです。

やられてしまいました

台風、それに続く北海道の地震と日本は本当に災害の多い国だなあと実感する今日このごろ。

我が家も、久しぶりに台風でやられてしまいました。心配しつつも、「今まで大丈夫だったから大丈夫かな」と思っていたのですが、
早朝、親切な畑の近所の方から「ハウス、偉いことになってるよ」と電話をいただき行ってみたところ、

IMG_0740.jpg

IMG_0739.jpg

見えるはずのない、きれいな空が見えています。今、まさに収穫している唯一2つのハウスなのに。
ビニールはぐちゃぐちゃになってとれ、風の力で杭の何本かが持ち上げられ、中のトマトが倒され…。

が、しばし落ち込んだあとは、「このトマトをなんとかしないと」と作業するのみの昨日でした。
幸い、息子も電車が止まったせいで高校が休校だったため、猫の手として参戦。

新しいビニールを注文していると、1週間とか10日とかかかるので、補修できるところは補修テープでペタペタ貼って、ツギハギ。
補修しきれないところは、何年前かわからない転がっていたビニールを、切れた抑え紐は新しいものに交換。

今日の朝までになんとか「オンボロビニールがかぶっているハウス」まで復旧できました。

次の台風や大風はしのげない感じですが、まずは明日の収穫です!

怒涛の夏

5月終わりに収穫が始まり、怒涛の日々が始まりました。

さらに、今年は暑くて暑くて。収穫だけではなく、次に植える苗の水やり、夏トマトの定植、さらに種まき、苗の水やり、
日々のトマトのお世話と肥料まき。特に苗への水やりは一番暑い時間に汗を流しながら一日2回。

暑くても、収穫は出荷作業は結局暑い時間にするしかなく、暑さで夫婦で不機嫌になったり、ヘロヘロになったり。
作業スペースの温度計が35度を超えると格段に暑さが身にしみてきます。32度くらいだと、「今日楽かも?}と思うのですが、何時間も立ったままやってると、やっぱりへろへろ。草刈りなどまでとてもできず、ハウス周りは草だらけ。やらなきゃいけない仕事と暑さでヘトヘトの7月でした。

そして、8月に最大の山場、トマトの植え替え。
ハウス6棟で収穫しつつ、まずは3棟のトマトをお片付け。
収穫出荷、トマトのお世話は私、片付けはひたすら夫。
夫、もう疲弊しきってました。トマトを抜いて、出す仕事は楽しさ0なので。

IMG_0722.jpg

次の苗用に肥料をまいて、草を抜いて、収穫の合間に定植。定植の合間に出荷作業。暑い。

IMG_0723.jpg

さらに残り3棟も同じようにトマトの植え替えして、お盆前にやっと6棟のトマトの植え替えが終わりました。

一番の大仕事の最初の誘引は半分終了。

IMG_0729.jpg

現在、収穫しているトマトたちは暑さに負けずすくすく(今のところ)
IMG_0731.jpg

今年の酷暑の影響がトマトの出てくるのはこれから。
でも、ここまでなんとか頑張っているトマトたちのためにも、トマトのお世話に励みます。
プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード