バンコクで歩きまくり

早朝、シンガポール〜バンコク移動。マイルでとったビジネスクラスもこれが最後。多分、自力ではなかなか(絶対かも)乗れないので、名残惜しいです‥。

バンコクは、最近できたばかりのスクンビットヒルトンへ。
空港からは、安い方のcity lineでスクンビット方面まで乗り換え一回で行きます。駅からは、「歩くの大変」という口コミもありましたが、ちょっとガタガタしつつも10分ほどで歩いて行けました。

IMGP7488.jpg

明日早朝にはデンパサール便に乗らないとなので、バンコクは今日1日。「ホテルにずっといようよ」という息子を説得して外へ。
ガイドブックも持ってこなかったので、昔の記憶と地図を頼りに動きます。

チャオプラヤ川を大好きな船で渡り、向こう岸へ。そこから、ひたすら歩いて、迷っていろいろん人に聞いて進みます。もちろん、息子は「どこいくの?」の連呼、をアイスやらお菓子を途中で買いつつ目指す先は‥。

IMGP7494.jpg
IMGP7501.jpg
IMGP7493.jpg

ウォンウィエンヤイ駅です。たまにテレビなどでもみる線路沿いにに屋台がずっらと並んでいるところです。
周りは、ちょっと市場っぽいお店があってごちゃごちゃした感じで、大人は大好きなところです!

駅舎は紫。

IMGP7498.jpg

ちょっとここでのんびりして、次は大好きなワットアルンへ向かいます!
スポンサーサイト

シンガポールで食べたもの

シンガポールは、何回も来たことがあるので、今回は「いろいろ食べたい!」と思っていました。
まあ、結果的にはそれほど食べたわけではないのですが、食べたものたち‥。

多分people"s park complex。ローカルな感じですが、チャイナタウン独特なパワフルな感じ。

IMGP7426.jpg

IMGP7423.jpg

こったこちゃした、小さいものが好きな息子。シールを一生懸命選んでます。
IMG_1298.jpg

あのせまーい宿近くですごく混んでいたお店。なんだか、老舗っぽくて、気楽な構えのお店でしたが、やっぱりすごくおいしかったです。

IMGP7439.jpg

IMG_1310.jpg

古いビルがまだまだいっぱい。
IMG_1315.jpg

IMG_1317.jpg

セントーサ駅にある、チェーンのフードリパブリック。和洋中どんなお店もある、おしゃれなフードコートでした。お値段も、ローカルのフードコートよりお高め。

IMGP7463.jpg

デパ地下みたいなところで売ってたワッフルみたいなお菓子?緑豆味?

IMG_1338.jpg

駅に併設した小さな遊園地で遊ぶ息子。まだまだこういうので楽しめるみたいです。

IMGP7437.jpg

ということで、次はバンコクへ。1泊です。

シンガポール いろいろ

狭い部屋なので、夕飯を食べがてら外へ。

夕方近く、宿から歩いて、地下鉄に乗って、マーライオンのあたりへ。
ライトアップされたライオン姿や例のホテルはテンション上がります。

IMGP7451.jpg

IMGP7448.jpg

息子は、「デパート行きたい」とぐずぐずですが、時間もないことなので、フードコートへ。「サテ」が大好きなので、サテが有名な屋台街へ。おいしい!

IMGP7453.jpg

長野ではなかなか見れない夜景をみて、おいしいもの食べて、満足してあの狭い宿へ‥。

なんといっても、周りとの敷居がカーテンなので、夜中まであっちこっちから英語やら中国語やらの小さい声が聞こえ、物音がしましたが、「夜行電車だと思えば」全然寝れました。

シンガポール二日目、びっくりの安宿

シンガポール、二日目のお宿は1日目とは打って変わっての安宿。
昨日はヒルトンでホテルを満喫したので、今日は「寝るだけ」と割り切った安宿。大人だけなら、ドミトリーでもよかったんですが、子連れではなかなかそうもいかず。

しかし、なかなか安い宿は子連れ不可だったりで、いろいろと探してドミトリーじゃない安宿をbooking.comで予約。安宿といっても、非常にホテル代の高いシンガポールなので、家族3人で6000円ほど。
事前に口コミを見たときに、気になる部分もあったのですが「きれい」と書かれていたし、写真を見る限り狭いだけだったので、あまり気にせずぽちっと。

住宅街のMRTの駅から徒歩10分ほど。静かな住宅地のようなところにあります。

ブランイン

まず、管理人が日中しかいないので、夜間や朝は暗証番号を教えてもらって、オートロックを開けて出入りです。
なので、うっかり暗証番号を忘れて出かけると、管理人に携帯電話をかけて教えてもらうか、中の人に開けてもらうかという面倒さ。

で、部屋は‥オートロックのドアを開けると、いくつものカーテンで仕切られたベッド!いやあ、これ部屋じゃない。病院の大部屋。奥まった場所にベッドがあると、「部屋感」はでそうですが、私たちの部屋は入り口近いので、病院の大部屋。ただ、口コミにも書いてあったのですが、マットレスはしっかりしていて、寝心地は良さそう。
一応、鍵付きのコインロッカーが各ベッドに割り当てられています。

しかし、写真だとなんだか個室っぽいのに、狭すぎて写真さえ撮れないくらい。

ただ、真っ白でとっても清潔感はあります。トイレやシャワーじゃ共同ですが‥。

IMG_1331.jpg

IMG_1329.jpg

夫にも息子にも、「なんじゃこりゃ」とちょっとびっくりされましたが、「まあ、寝るだけだし」と説得。息子も、「まあ、きれいだし、ベッドは大きいし」とすぐに慣れてごろごろしてました。

しかし、この狭さ、トイレバス共同でのこの値段、シンガポール恐るべしです。

シンガポール1泊目

シンガポール、1泊目のホテルはヒルトンシンガポール。

オーチャードのど真ん中にあるホテルで、便利です。お部屋もリノベーションがすんで、きれい。しかし、プールへ行ってみると、ビルの谷間のせいか、寒い。

IMGP7392.jpg

でも、田舎暮らしなので、プールからみるビル群にテンションが上がります。

朝ご飯もおいしかった!

IMGP7396.jpg

次の日は、
シンガポールで楽しみにしていた、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ。旅行前にガイドブックで写真を見て楽しみにしていました。

IMG_1277.jpg

IMG_1274.jpg

IMG_1268.jpg

ツリーを結ぶブリッジから、マリナーズサンベイなど見れて気持ちよい風景。
が、息子も夫も実は高所恐怖症なので、2人は全然余裕がなく、私1人が楽しんでしまいました。

息子が、「ここ泊まりたい!」と。確かに、見ちゃうと泊まりたくなります。

IMG_1276.jpg
プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード