ペナンへの道

マレーシアに入国しても、歩いている人等0。

タクシーで近くの町へ行くしかないらしい。「こんなことなら、国境でツアーバスに乗れば良かったんだ」と思うけど、今更戻るのも嫌だし、時間もあまりないんで仕方なくタクシーで、「ペナンに近そう」なアロースターという町を目指してもらう。

1時間半ほど乗って、50リンギット(1400円くらい)。町外れのアロースターのバスターミナルで、「すぐに出るペナン行きの高速バス」の切符を買う。始めての町、アロースターは一瞬。バスターミナルでバス用のお菓子などを買ったのが唯一の思い出‥…。
IMGP5156.jpg

IMGP5152.jpg

バスは快適にペナンへ。うちの息子は、お菓子を食べ、終わったらお昼寝、到着とともに起きる、という黄金パターンでした。

ペナンが近づいてきて、マレーシア本土からペナンへの大きな橋が見えてきました。でも、バスは橋の方へ行かず‥…。フェリー乗り場でした。バスの行き先には、たしかに「ペナン」と書いてあったのに、これではバターワース!

ただ、ペナンへの橋は、以前きた時もすごい渋滞だったことを思うと、かえって良かったのかも。

1人40円ほどのフェリー代、大きなフェリーです。年代物のフェリーといった感じで、ゆったりと進んでなかなかいい感じです。

がら?んとした感じ。

IMGP5160.jpg

IMGP5162.jpg

20分ほどすると、ペナンの中心ジョージタウンに着きました。

IMGP5163_20110123114342.jpg


バスターミナルと直結しているので、どうやら空港へもバスで行けそう。なので、ここでバスを待ちつつ休憩して、空港へ向かいます。大好きなペナンなのに、今回はバス停のみ(泣)とうもろこしと茹で落花生をおやつに。

IMGP5167.jpg

普通のバスなので、多分相当ペナンの中をぐるぐる回ったようで、1時間以上かかってやっと空港到着。

今日は、トゥクトゥク、ミニバン、大型バス、タクシー、フェリー、バスと乗り物三昧で!乗りすぎ。

ハジャイからペナンまで、ミニバスなら1人280バーツ(800円)、なのに私たちは結局1人1200円ほどかかっちゃいました。いい経験ということで。

ペナン空港では、今日のおつかれさま会がてら、マクドナルドへ!息子、大喜びでした。とりあえずハッピーセット!日本よりちょい安いかな程度のお値段ですが、混雑してました。

IMGP5169.jpg

そして、エアアジアでインドネシアのメダンヘ無事出発です!

IMGP5171.jpg

スポンサーサイト

歩いてマレーシアへ

今日は、とにか「マレーシアのペナン」まで行かなくては行けません。

ここハジャイはマレーシアやシンガポールからの買い物客が多くて、町のあっちこっちでマレーシア各地へのバスの案内が出ています。ペナンまででも、だいたい1人900円弱。「これにする?」と言いつつ、「まあ、明日でいいよ」と決めずに朝。

とりあえず、国境まで行ったらなんとかなるだろう、と甘い考えでホテルを出発しました。

しかし、ミニバスを使わなかったために、えらい手間がかかるはめに‥…。

まず、国境までのバスがでているミニバス乗り場がわからない。トゥクトゥクのおじさんには、旅行代理店に連れて行かれ、2度目に乗ったトゥクトゥクでやっと乗り場に。といっても、バス停みたいなものなので、連れて行ってもらわなかったら見逃してました。

国境の「SADAO」までは1時間余りで11時すぎに到着。バス代は、1人150円ほど!すっごい活気があります。よ?く考えると、ここでも、マレーシア行きのミニバスの看板があっちこっちに見られたのに、私たちは「お、国境だ?」とすっかり盛り上がって、「歩いて行けるなんて、面白い」とさっさと歩いてイミグレまで行ってしまいました。
IMGP5142.jpg


自家用車やバスでイミグレも混んでいますが、「いつも使っている」といった感じの人ばかりなので、さっさと通過していきます。気軽に国境越えです。

IMGP5147.jpg

イミグレ越えてみると‥…。歩いてマレーシア側のイミグレに向かう人は皆無。久し振りに暑いので、息子は「本当にあってるの?だれもいないよ!」と不満顔です。
IMGP5150.jpg



み?んな自家用車かバス。「でも、マレーシアのイミグレを超えると、バスとかあるんだよ」と歩き続け、マレーシアイミグレ到着。

IMGP5149.jpg


で、通過して、マレーシア側に出てみると‥…。ただの、マレーシアの田舎町でした。あっちこっちで聞いてみると、「両替もここではできない、バスも無い」と。

だいたい、「マレーシアちょっとしか行かないし」と、ガイドブックさえ持っていない私たち。夕方までに、ペナンにたどりつける?

クラダンを後にして

2泊したクラダン島とお別れの日です。

クラダンにいた3日間、乾期だったはずなのに、すっきり晴れることはほとんどなく、時々土砂降りの雨が降っていました。それでも、合間に泳いだ海では、とてもきれいなサンゴや魚が見れたのでよかったのですが、やっぱり、「すっきり晴れていれば」と思いつつのお別れです。

そして、本土へのボートに乗っている間も土砂降りの雨が‥…。カバンはびっしょり濡れ、トランの町に着いても雨で動けず。本当に、乾期はどこへ‥…。

WIFIがあっちでもこっちでも入っているので、ネットで今後の予定等を検討しつつ、遅いお昼ご飯。外は土砂降りです。ちょっとしたカフェで食べても、島で食べるよりずっとおいしくて安くて、量が多い。
IMGP5116.jpg

IMGP5117.jpg


明日には、マレーシアのペナンからエアーに乗らないと行けないので、どうやってそこまで行くか。もちろん、旅行前に軽くは考えてきたんですが(笑)

ダイレクトに行くと、6時間以上バスに乗らなきゃなので、今日は2時間ほど移動したマレーシア国境近い「ハジャイ」に一泊にしました。

ハジャイまでは2時間ほど、1人100バーツ(270円くらい)でした。道中もすごい豪雨でちょっと洪水一歩手前のところもあったほどでした。迷っていた時間が長くて、ハジャイについたのはすでに夜。

華僑が多く、マレーシアからも近いハジャイ、すごい活気の町でした。屋台や食堂、ショッピングセンターが固まっているエリアには、色んな人種の観光客がいっぱい。

IMGP5134.jpg


IMGP5123.jpg

「お湯でシャワーしたい」という家族の希望で、場末(?)のノボテルに飛び込みで行って、お部屋を確保し、早速町に繰り出しました!1泊朝食付きで5000円くらいでした?。でも、若干しょぼかったような(笑)

IMGP5121.jpg

夫が、「人生初のツバメの巣を食べたい」というので、屋台で一つ、300円弱。安い??でも、よくわからない味で、「もう食べなくていいね」という結論でした。

IMGP5125.jpg
IMGP5126.jpg

最後にマレーシアも行くけど、食べれないと困るのでバクテー。

IMGP5131.jpg

チキンライスを頼んだつもりだったのに、チキンのみ。おいしかったけど、多すぎました。

IMGP5129.jpg

息子は、ワンタン。

IMGP5128.jpg

全部で1000円ちょっと。なのに、ハジャイは危険そうだから、とわずかなお金しか持っていなかっっため、ぎりぎりに。息子に「おこづかいね」と渡していた50バーツを借りて、なんとか間に合いました?。

息子の〆はアイス。どこにでもセブンイレブンは偉大です。

IMGP5136.jpg


ハジャイ、治安面が悪いと言われていますが、夜歩いていてもそんな感じはありませんでした。「いかにも」なおじさん軍団も多かったですが、家族連れや若い子もいっぱい。色んなものが食べれて楽しそう、という感じ。
明日は、まずは国境を越えてマレーシアへ、そしてペナン空港へ!


プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード