満員列車

我が家の旅行はいつもそうなんですが、予定を決めていない。どこで長くいたくなるかわからなくなるので。

今回も、同じ。残り3泊しかないので、このまま山方面を回って、コロンボに帰るか、すごい移動だけど海方面に出るか。で、息子に聞いてみたら、「海がいい」と。「すご?く乗り物乗るよ」といっても、「歩かないんだよね?大丈夫」っと。とにかく、息子は歩かなければいいらしいです。


ということで、次の日、朝早めに宿をでて、キャンディ駅へ。しかし、列車はやはり終日満席。10分ほど歩いて、バス乗り場へ。コロンボ行きのバス乗り場がよくわからず右往左往して、あっちこっちで聞いて、やっとバス停のようなところで発見。ミニバスでコロンボへ戻ります。

IMGP4305.jpg

3時間ちょっと、バス代は1人200円ちょっとです。本当に安いです。息子は、バスに乗ると、「寝る」と決めているようで、すっかり「移動慣れ」しています。

またまた、あの大にぎわいのコロンボのバス停に到着です。で、さらに、今日は移動。海は遠いのです。

IMGP4304.jpg

3時間バスに乗ったので、「できれば電車だよね?移動できるし」と駅へ行くと、ちゃんと切符も買えたので、ホームへ。

しかし、甘かったです。前に駅員さんが言ったことは正しかった。1時間ほど待ってきた列車は既に満員!2等の切符を買ったのですが、別に席が決まってる訳でも、枚数を決めて売っている訳でもないらしく、3等も一緒。もう、座るどころか立つスペースさえ怪しい。昔、東京で暮らしている時のラッシュアワー並。そして、ドアはないので、人がはみ出しています。そして、隙間もないほどなのに物売りがしょっちゅうその合間を縫ってやってきて、みんなこんでいる中でもあれやこれやと食べている。

IMGP4310.jpg

IMGP4307.jpg


目的地まで、3時間弱。でも、もう乗っていくしかないので、とりあえず「わ?海が見えるね?」とか「天気がいいね?」とか言いつつ、自分でテンションを上げるしかありません。息子はちょっとでも広めだった列車の連結部分のようなところにお尻のスペースを確保、となりにいたおじさんがハンカチをしいてくれたので座り込んで、外を眺めています。

駅には止まるけど、降りる人はほとんどおらず、さらに乗ってくるほどで、「3時間耐えれるかなあ」と思っていた1時間半後くらい、

私の近くで座席に座っていた一家のおとうさんが、席を一個譲ってくれました。子供たちをきゅっと座らせて。
もう、息子も限界に近かったので、有り難かった?。

その一家は5年生の男の子、3年生の女の子、もう少し小さい男の子の子供が3人。はじめは、お互い笑い合っているだけだったんですが、そのうちつたない英語で話初め。そのうち、うちの子も一緒に窓の景色を見始めたりして、言葉は全く通じない子供たちですが、息子はふざけたりして、それを見て「キャーキャー」喜んだり、それを見てうちの子がまた盛り上がる、みたいな感じでわいわいでした。

IMGP4317.jpg

でも、写真は混んだ車内だったせいでぶれぶれ。

IMGP4316.jpg

おかげで、目的地までの半分は座ってゆっくりできました?。

で、ついた先は「ヒッカドゥア」という言いにくいところ。一応、スリランカの中で海がきれい、と言われているところですが?。

IMGP4320.jpg

IMGP4319.jpg

そういえば、すでに夕方。でも、今日はお菓子程度しかご飯を食べていない。
スポンサーサイト
プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード