果てしなく遠いアンダマン・ニコバル諸島

せっかくの素敵なホテルも夜中の2時にチェックアウトし、空港へ。
次の目的地へのフライトが早朝4時出発なのです。

こんなすごいフライトになったのも、全ては「できるだけ早い時間に島へ到着する」ため。
空港へつくと、同じ様な目的のインド人、外国人がいっぱい、みんな眠そうな顔をしながら4時出発のエアーを待ってました…。

が、4時近くになっても全然出発する気配なし。結局飛行機が出発したのは、6時でした。
ここでちょっと嫌な予感…。今まで、インドの割に大きな問題もなく思った通りに移動できていたのでちょっと油断してましたが、ここから「インドの洗礼」かもっと。

あ~素敵なホテルでの時間を返して!息子も、超不機嫌のまま、飛行機へ。
IMG_0130.jpg

インドでは、交通機関では基本的にてり対策の一環で撮影禁止のため、写真は一瞬でぱちっと。
キングフィッシャーエアーで、目的地まで行きます。

チェンナイから飛行機で2時間。

目的地は、ポートブレア。「アンダマン・ニコバル諸島」唯一の飛行場です。

なんだか、響きが素敵な「アンダマンニコバル諸島」。夫からは、「何回も行っているタイのアンダマンと一緒の海じゃん」と言われつつ、選んだ今回の旅先です。

インド政府が、国防上の理由から外国人の立ち入りを制限していて、なかなか行きにくいところです。もちろん「地球の歩き方」には載っていません。でも、「インドとは思えない海の美しさ」があると書かれていたので、思い切って今回来てみました。

外国人が自由には立ち入れないように、空港で「入境許可証」を発行してもらいます。必要書類を書いて、パスポートのコピーを出して…。外国人は全員対象なので、同じ飛行機の人と一緒に助けあいながら記入。すぐに、パーミッション(許可証)はおります。

そこで、やっと小さな飛行場からポートブレアの町へ…。暑い。

IMGP6227.jpg

IMGP6228.jpg

ちょっと他のインドの町より南国っぽい?

でも、町を散策より目的地の島へのフェリー乗り場へ行かなくてはです。
「jetty!」と行って、白タクに載って、10分ほどで大きなフェリー乗り場につきました。

IMGP6230.jpg

IMGP6234.jpg

事前に調べた時に、朝8時台のフェリーがスケジュールに載っていたので、それをめざしてここまで急いでやって来ました。島まで1時間半とのことだったので、「午前中に泳げる」と思っていたのですが、jettyに来てみたら、インド人の観光客がいっぱいで、8時台の船は予約でいっぱいになってました。

次のスピードボートは?と聞くと、午後しかないと。
広いjettyには、公共フェリー乗り場もあります。2時間以上かかりますが、11時半に出発らしいので、そちらにかけることにしました。が、まだ8時代。

近くの公園でぼ~。Ipadでオセロをしたり、アイスを食べたり。

IMGP6232.jpg

IMGP6231.jpg

やっと2時間つぶして、切符売り場へ行ってみると、インド人と外国人でけっこうな列。それも、なぜか男女分かれているので、夫と手分けして並びます。息子は、荷物番。

で、1時間ほど並んで、やっと窓口が開いたら、なぜかインド人がすごいダッシュでカウンターへ向かう、それを見て外国人たちも理由はわからないけど一緒にダッシュ。

みんな、理由はわからないので「??」しながら走って、インド人と押し合いしながら並びました。で、ダッシュですごい前の人たちだけが、11時台のチケットをゲット。

あ~今日中に島へつけるのかさえ怪しくなって来ました。

このあと、またまた外国人は右往左往させられるので…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード