スマトラ3 ラフレシア

2日目、まずは朝ご飯。ブキティンギでは、どこでも朝ご飯つきみたいです。一応ビュッフェだけど、ナシゴレンとパンなど。味は‥…ですが、何でも食べる我が家なので、食べました。

そして今日の宿探しです。今日も見つからなければこの部屋か?と思うと気合いが入ります。
昨日聞いたところ、朝にならないと、チェックアウトするかどうかわからない、ということだったので、10時くらいに目星をつけてたところをまわってみます。満室が多いので、入り口
にこういうのを掲げているところが多いです。昨日何度見たことか。

IMGP3666.jpg

いくつかだめだったのですが、「いいなあ」と思ったところがちょうどチェックアウトする人がいて、ラッキー!昨日のオンボロお部屋は2000円弱だったのですが、このお部屋は1500円ほど。部屋は一番上で広くて、明るくて?。今日はこのあと予定があってすぐにチェックインできないので、お金を払って「絶対来るから」と言い残していきます。

IMGP3586.jpg



で、今日は、泊まった宿で誘われた「ラフレシアを見に行く」ことに。どうも、外国人が来ると誘われるらしく、一緒になったのも、マレーシア人、ドイツからの父子、私たちでした。


「子供も大丈夫?」と聞くと、「他にも小さい子供もいるし、すぐだから」と言われ、気軽な気持ちで行った私たちでした。が、

車で1時間ほど走ってついた頃には外は雨。
最初こそ、農村の平らな道を歩いていたので、カッパとサンダルでも大丈夫でした。30分ドイツ人一家もサンダル、小さい子連れ、お兄ちゃんの方は学校にでも行くような格好。

IMG_7153.jpg

IMGP3563.jpg

が、30分ほどたつと山道に。もう、雨で足下はどろどろ、全員滑ったり転んだりとすごいことになって進みます。もう、無言、たまに子供の「わ?」という声(笑)

IMG_7156.jpg

もう、サンダルだったのを死ぬほど後悔しました。一家全員あっちこっちキズだらけ。でも,ガイドのお兄ちゃんはサンダルで身軽に進んで行きます。最後には、うちの息子を抱っこしてくれました。

そして、2時間近く歩いて、でてきました!
IMGP3565.jpg

IMGP3566.jpg

中はこんな感じ。きれいというより怖い。だいたい直径1mくらいでした。ちょっとだけ触ってみると、固くてごつごつした感じ、大きすぎて作り物のよう。息子も「本物?」と何度も聞いてました。

IMGP3574.jpg

下りも、またずるずるしながら帰ります。でも、平らな道に戻った頃には雨も小降りになって、一息。なんだか、うちの近所のような田園風景です。
IMGP3576.jpg

一緒になった、アレーシア人の人はお母さんが早稲田大学に留学して、マレーシアの大学で日本語の先生をしているとかで、色々話しができました。マレーシア人の英語ははっきりしているので、私でもかろうじて会話が成り立ちました?(笑)

お天気が回復して、息子もご機嫌になって、草を摘んだりしながらお散歩気分で戻ります。
ちなみに前を歩いているのは、マレーシア人。この写真だけだと、「日本」ですよね。



IMGP3579.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

こんにちは~。
ラフレシア見事ですね!
息子さんもこの年でラフレシア見れるなんて、貴重な体験をしたんですねぇ。羨ましい。
わたしはボルネオ島で見たかったのに、咲いてなくて見ることが出来ませんでした・・・;
子連れでも、とまとさんみたいな旅が出来るんだな~って、すっごく参考になりました。
うちももう少し大きくなったら、そんな旅が出来るといいな♪
続き楽しみにしてます。

貴重ですよね!

コメントありがとうございます。

ラフレシア、初めてみたので大きさにびっくりでした。ボルネオでもありますよね。

子連れでも色々したいですよね。でも、うちの子は引っ張り回しすぎたのか「あれ、ずるずるになって本当に大変だった」とラフレシアの花の話をするたびに言ってます(泣)

こちらこそ、これからも楽しみにさせてください!
プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード