スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-16  早速アンコールワット!

前回、夫婦で来たときは、バイクでまわることができたアンコールワット。今は規制でできなくなり、アンコールワットへはトゥクトゥクや車のチャーター、ツアー、そして自分でまわるなら自転車という選択肢のようです。息子も大きくなり、「今回は自転車でまわる」を、勝手に私の野望にしていました。

長野の家のあたりに比べれば、平らな道ばかりのアンコールワット周辺です。

次の日の朝、早速自転車レンタル探しへ。ボロボロのママチャリなら、一日2ドルとかでも借りれるようですが、それは確かにきつそうなので、一応マウンテンな感じのものを探します。

IMG_2788.jpg

多分一日4とか5ドルくらいだったかな?いくつか乗って、ブレーキなど確認して、出発!「なんで自転車なんだよ〜」という息子には、「アップダウンもないし、多分30分くらいでつくから」と伝えました。

IMG_2790.jpg

シェムリアップの町中は、車も多く、ごちゃごちゃしていますが、少し郊外に出るといい感じで走れます。
が、アンコールワットはけっこう遠い。
舗装されている道もけっこうがたがた。

多分1時間近くかかって…なので、息子は「全然話が違う」と、若干不機嫌でした。

IMG_0714.jpg

IMG_0705 (1)

昔夫と二人できたところに、息子と来れるのは感慨深い。

もう、写真に映るのが面倒な息子をなだめたり、おだてたりしながら写真をとりつつ回ります。

IMG_0742.jpg

IMG_2805.jpg

「また遺跡かあ」と言いながらも、変化の多いアンコールワットは息子もけっこうあっちこっち興味深い感じでみてました。

しかし、さすが世界的観光地です。中心塔に昇るのは、1時間半待ち。それでも、山のように人が待っています。日陰で交代で休憩したり、他の部分を回ったりして順番待ち。

IMG_2809.jpg

上から見たら、こんな感じ。大分高いです。

IMG_0716.jpg

IMG_2821.jpg

降りるときは、すごい勾配。昔は、勝手に登れた気がしますが、今は子どもはだめだし、人数制限などして、ゆっくり昇り降りできるようにしてました。

IMG_2829.jpg

息子は、小さいときにスリランカのシーギリヤの急な階段を思い出してこわごわと降りてました。が、無事下へ!

レリーフをガイドブックを見ながら見学し、

IMG_2835.jpg

池は、乾季で大分ミスが少ないみたいです。
IMG_2840.jpg

3時間ほどでとりあえず入り口へ。息子は、「もう帰るよね」という感じでしたが、夫は地図とにらめっこして…
「まだ時間も早いしまわるか〜」と。乾季なので涼しいので、大人はやる気いっぱいです!

IMG_2841.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。