2015-16 最後にアンコールワット堪能

シェムリアップ3泊目は、ちょっと素敵なホテルへ移動です。私は、いろいろなホテルに泊りたい方で、さらにすごくホテル選びに迷ってしまう方です。シェムリアップは、コスパに優れた素敵なホテルがいっぱい。

その中で、迷いに迷って、そこそこのお値段、古い感じ、親切そう、小さな宿、という私の好みから、

Pavilionディオリエンタルホテル

ホテル直接予約だと、滞在中にトゥクトゥクが専属でつくのもポイント高し。まあ、場所が不便なところというのもあるみたいですが。

泊まってるホテルにもお迎えに来てくれて、早速ぶーんと移動。確かに、シェムリアップの中心からは離れますが、とんでもなく離れているわけではなく、到着。

もう、小さなホテルですが、オリエンタルな感じが素敵で、「綺麗なホテル」大好きな息子もテンションアップ!

早朝から夜8時までは、専属のトゥクトゥクが使え、玄関出るとドライバーさんが顔を出してくれるので気軽です。アンコールワット周辺からバンテアイ・スレイまでも行ってくれます。
ということで、「せっかくだからアンコールワットへ夕日を見に行こう!」

IMG_0773.jpg

IMG_0783.jpg

自転車と違って、快適なトゥクトゥク。けっこうがんばって自転車乗ったね〜けっこう遠かったね〜と、2度めなので、家族で話せるのがちょっと楽しい。

帰りは、中心部でおろしてもらって、ぶらぶら。昨日行ったときにすごく混んでたお店で夕飯。

IMG_0803.jpg

屋台みたいなお店ですが、混んでるだけあっておいしい!

お土産屋さんあたりをぶらぶらして帰ります。12/31だったので、カウントダウンまでいようかと思ったのですが、シェムリアップのどこから湧いてきた?人混みと音楽で町がうるさすぎて…。

帰ったら、ベッドの上に

IMG_0801.jpg

カンボジア名産のクロマーが3枚入ってました。こういうところが、人気のホテルなんだろうなあ〜
気持ちよく寝れました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード