スマトラ6

あんまり「レストラン」というものはないようなので、宿近くの屋台街をぷらぷら。

もう,明日は食べれないし、と気になっていた物を食べ歩きです。息子は,大好きなポテトフライのようなもの。多分、じゃがいもじゃなくてタロイモでできてるのかな?マックのフライドポテト大好きな息子、日本では滅多に食べれないけど、ここでは3日間、このフライを食べてました。旅行中だからね!

IMG_7218.jpg

IMG_7208.jpg

帰りに、パンケーキみたいなもの。多分100円くらいだったと思うのですが、中にピーナッツと練乳というすごくカロリーの高そうなものでした。そして、直径20センチくらいで思ったより大きい。明日の朝食に。

朝、早めのミニバスを旅行会社で予約。行きより、さらに安くて日本円で300円ほどでした。子供料金もなし。

実は、スマトラへの航空券をとったのも旅行にきてからなんですが,「行ってみたらすぐに帰りたくなるかも」と思って、帰りの飛行機は予約せずきてました。といっても,日本へ帰る飛行機は予約済みなので、「どうやって、シンガポールへ戻るか」をブキティンギについてから検討。

「行きと同じくエアアジアでKL」も考えましたが、さらにシンガポールへの移動が必要になります。陸路でスマトラをシンガポール近くまで移動して、船でシンガポール、も考えましたが、ちょっと子連れでは無理。

思ったより、ブキティンギに外国人も少なく、ネットカフェや旅行社もほとんどなく、「KLに帰るでもよかったのに」と夫に言われつつ。
飛び込んだ小さな旅行会社のとっても若いお兄ちゃんに相談したところ、

マンダラ航空という国内線で「バタム」まで移動して、そこから高速船でシンガポールへ行くことにしました。3人でチケット代2万円ほど。もう、2泊ぶんしか余裕ありませんから!

次の日の早朝にお世話になったブキティンギにお別れ。毎朝、アザーンが聞こえてすごくうるさかったモスクともお別れ。

IMGP3662.jpg

パダン空港から始めての飛行機、マンダラ航空です。国内線カウンターは長蛇の列で「乗れないのでは?」と思ったほどでしたが、ちょっと遅れ気味に乗り込めました。インドネシアとマンダラ、なんだか関係があるようなないような。1時間ほどでバタムへ到着です!

IMGP3672.jpg

実は、ガイドブックはインドネシアの「行きそうなところ」だけをコピーして来たので「バタム」の情報がない私たち。日本で調べた時に、「シンガポールまで1時間ほどで船で行けること」「中心地がナゴヤということ」くらいの知識量。

空港からとりあえず歩いてみます。まあ、ちょっと都会な感じ。ごちゃごちゃとビルとマンション、商店が建ち並んでます。車も多い。多分、「ナゴヤ」までは歩いて行けそうにないので、タクシーで中心部まで連れて行ってもらいます。ぽつぽつと良さそげな中華系のお茶やのような食堂も。おじさん、たむろってます。

IMGP3675.jpg


ちょこちょこ見て、良さそうなホテルにチェックイン。1500円ほど。どうも、物価が安いので、お買い物にシンガポール人やマレーシア人がいっぱいくるらしい。そんな買い物袋を下げた女子がいっぱいでした。

IMGP3679.jpg

我が家の目的は,「明日シンガポールへ着くこと」のみ。まずは、暑かったのでホテルで休憩.安い割に、ちゃんと日本のビジネスホテル並みでした。シャワーもホットだし!

IMG_7228.jpg

夕飯を食べに出かけます。と、ハンコやさん発見。実は、ずっと前から仕事で使うハンコを作りたいと思っていたのですが、なかなか巡り会えなかったので、興味津々。聞いてみると、どんなハンコでもデザインがあれば作れるとのこと。

IMGP3676.jpg

その場で3人であーだこーだ言いつつ原案を書きます。息子が、「トマト!」とおじさんに年押し。おじさん、細いカッターのような物で器用に作って行きます。黙々と。「商売になるのかなあ?」と思っていたのですが、私たちが待っている1時間ほどの間でも、次から次へとお客さんがやってきます。会社関係のはんこが多いみたいで、「けっこう、はやってるのかも」とびっくり。

息子も一緒に待ってます。

IMG_7226.jpg

1時間ほどで丸いかわいいはんこが出来上がりました。トマトマーク入り!毎日、もう何千回も押していますが、未だにきれいに使えてます。確か300円ほどでした。また,作りに行きたい!

夕飯へ行って,寝て、明日はシンガポールです。旅行も残すところあと1泊まできました?。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード