FC2ブログ

2019~2020 年越し 深夜にプーケット

コロナ肺炎で、少し中国気分ではないので、先にプーケット〜タイの様子をあげていきます。

プーケット空港着は深夜2時前。もともと航空券を予約したのが、旅行の10日ほど前でこの時期としては破格の一人42000円のチケットでした。ネックは、プーケット深夜着、深夜出発。

昔なら「空港で朝まで過ごす」一択だったのですが、プーケット空港が小さいこと、息子が「もう空港では寝たくない」ということで、次は「空港近くのホテルかタクシーで移動して市内のホテルか」。

ただ、空港近くのホテルに私好みのホテルはないので、プーケットタウンのホテルにしました。
エケコホテル

どうやって深夜にたどり着くか?我が家は、基本は徒歩か公共交通機関を使っての移動なのですが、深夜なのでタクシーしかありません。市内まで1時間弱ほどのタクシーをどこで手配するか、空港でついてから手配するかとまたぐるぐる。

いくつかのネット手配のタクシー会社を比べて、今回は深夜着にも関わらず一番安かったklookへ。クーポン使って、市内まで1000円程度でした。

飛行機はもちろん、ホテルも空港送迎も全部ネットでクリックひとつで事前手配、本当に旅行が変わりました。

変わったといえば、空港のお迎え風景。昔は、出口をでると送迎の運転手が名前のプレートを持って立っていた気がするのですが、今はプレートだけがいっぱいかかっていて、お留守番で見ている人に声をかけるとスマホで呼び出してくれました。すっかり、南国も効率的です。

とにかく、みんなスマホ片手。我が家もタイで使えるSIMカードを事前に購入していたので便利でした。

なんの問題もなく、深夜にホテルに到着です。すでに料金も支払っているので、タイバーツの心配もありません。

ホテル着3時。宿のお兄さん、寝て待っててくれました。

三段ベッドの小さな部屋です。(さらに下にベッドがあります)でも、トイレ・シャワーつき。3人部屋が貴重。窓はほぼないですが、バーツ高のなか、3000円ちょっとなので、文句はなしです。

IMG_1505.jpeg

とにかく寝て、チェックアウト前に朝ごはん。といっても、勝手に食べてねスタイル。キッチンも勝手に使って、洗い物もしてね、でした。開放感ありました。

IMG_1507.jpeg

IMG_1040.jpeg

宿のおしゃれなオーナーのお兄さんは、日本が大好きですでに6回も行ってるとか。今年の2月にもママと2週間長野にスキーにいくんだ〜と言っていましたが、どうしただろう?
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード