スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール

シンガポールのホテルは、ためたホテルポイントでの無料宿泊なので「ただ」。ですが、次の日は朝5時にはホテルを出ないといけないので、貧乏性の私としては「早くホテルに行って、ホテルライフを満喫したい!」ので、さっさとバタムのホテルを出発します。

ガイドブックがないのでよくわからないので、フロントできいて、タクシーで港まで行きます?。シンガポールまではいくつかの船会社があるらしく,カウンターがいっぱい。料金もちょっとずつ違ってなんだか迷ってしまいますが、「ちょっとでも早く行ける船」で選択。

IMGP3683.jpg

しかし、ここで問題発生。支払いは、現金のみで、手持ちのルピアもシンガポールドルもない我が家はあせります。ATMはあるけど、なんだかうまく動かない。そんな人のために両替所もいくつかあり、すご?くレートは悪いのですが、しょうがないので必要分だけ両替して無事切符をゲット!その間、うろうろしている親を待つ荷物管理の息子。おちゃらけくんです。

IMGP3685.jpg

一応、これでインドネシア出国なので、出国審査を受けて、船に向かいます。

IMG_7238.jpg

船はシンガポールまで1時間もかからない。船内は,マレーシアの団体さんが多かったかな。親は、ちょっと酔い気味ですが、息子は大好きな船先で船旅を堪能です。
IMGP3688.jpg

明日は帰国ですが、やっとシンガポールに戻ってきました!そんなに滞在したことがある訳じゃないのに、なんだか「戻って来た」と勝手に思ってしまう町。去年も泊まったシンガポールヒルトンへ。

IMG_7239.jpg

「無料」なのに、アップグレードしていただいて、立派なお部屋にラウンジも使えて、有り難いことです(笑)。
早速,息子は「船?」といって遊んでました。

IMG_7242.jpg

シンガポールの目抜き通り「オーチャード通り」沿いにあるホテルなので、ホテルを出れば夜にはこんなイルミネーションが!田舎暮らしなので、まぶしくて、なんだかわくわく。まあ、趣味がいいかどうかは別として(笑)

IMG_7269.jpg

IMG_7254.jpg

夜は、ホテルのラウンジで飲ませていただいて、部屋でのんびりテレビを見て、11時すぎに「旅行ラストだからね」とお出かけ。日本では絶対できない、「夜景を見ながらマックでポテト」。夜のお出かけはやっぱりわくわく。

IMG_7267.jpg

そして、早朝。というか、真夜中4時。朝ご飯のビュッフェには間に合わないので、ルームサービスの朝ご飯をいただきま?す。まあ、自腹では絶対しない贅沢です。あ?日本での生活とは全然違う優雅な朝ごはん、これも「旅行ならでは」です。もちろん,息子はぎりぎりまで寝てるので、まだベッドの中。

IMG_7272.jpg

有り難くルームサービスをいただいて、フロントで「チェックアウト」とだけ言って、さよならです。後は、チャンギ空港へタクシーで。

楽しかった旅行、おしまいです。

で、次回からは、この旅行の前月に行った「バリ、ロンボク旅行」アップしていきます!ロンボク、また行きたいくらいお気に入りになったので、書いているうちに行きたくなりそうです?。こんな感じ。

IMGP2824.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

良い旅でしたねー!
子供づれだと、どうしても保守的な旅になりがちな私ですが。
現地で宿探しをしながら旅されている、とまとさんの旅行記を読んで
なんだか自分もそんな風に出来るような気が・・・色んな意味で勇気をもらいました(笑)。
とは言え、ホテルライフ♪もいいですね!!ラクだしー。

楽しかったです~今も子供はわかんないけど(笑)

宿探し、私自身は実際に見て穴場な宿とかあるとうれしい~となるんですが、相当非効率です。

でも、全部宿を決めてしまうと、なんだかさみしくなってしまうので、最近はポイントだけ決めて、後は現地で探すとしてます。母子で旅行に行けちゃうチェンバカさんなら、行けますよ!

そう、でもホテルライフ、一度やってしまうと、快適すぎてはまります。
プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。