ロンボクへの玄関、バタンアイ

多分泊まっていたのは、レギャンってとこだったみたいなんですが、目的のバリ全島を網羅するバス会社の事務所はクタ。まずは、歩いてそこを目指します。以前よりずっと車の多くなったクタをテクテクと30分ほど。今年から、息子も大きめなリュックで自分の荷物(主に服)を持ってくれているので、息子は大変そうですが、涼しいのでがんばってあるきま?す。

IMGP2718.jpg

バタンアイまでの切符を買って、事務所で待っていると、なんだかにぎやかな音が。道路の向こうで結婚式のようでした。にぎやかなガムラン、あでやかな服装の人々、待っている間も退屈せずにすみました。

IMGP2720.jpg

が、その結婚式のために道路が大渋滞で,バスが近づけないことに。結局、バスの乗客全員が10分ほど歩いて、大通りまで移動です。小さなバスに満員。で、熱くなってきて早く出発したいのに、時間になっても西洋人の皆様が「あ、水買ってきていい?」「私も!」みたいな感じで、ちょこちょこバスを降りてしまうので、30分ほど出発できず。まったく!息子は、「いつでるの?」と言っている間に寝ちゃいました。

IMGP2726.jpg

やっと,出発。以前きた時よりさらに立派になった道路にびっくり。2時間ほどでバタンアイに到着。なんか、きたことあるようなバス停。3年ほど前にチャンディダサへいった時に、乗り換えしたところでした。そういえば、港があったような。そして、ここは全然変わっていない。ちょいさびれた感じです。

IMGP2743.jpg


4時間とも5時間ともいわれているロンボクまでのフェリーにこのまま乗るのはきついんで、今日はバタンアイに泊まります。事前に調べたら「ブルーラグーン」というきれいな海岸もあるようだし。

港すぐの海岸も、バリのクタなんかに比べるときれいで、それを見て,息子「泳ぐ!」と浜辺で水着に着替え。やる気まんまん!その間、私は宿探しです。

IMGP2727.jpg

200mくらいの海岸沿いに小さな宿が連なっているので、きれいそうなところ片っ端から見学です。荷物は夫が見てくれているので、らくちん。4、5軒みて、1000円以下で、お庭がきれいで、コテージみたいになっているお宿に決定。お庭の写真を撮り忘れちゃったんですが、こぎれいでした。

IMGP2760.jpg

宿も決まったし、ブルーラグーンってとこに出発。坂をちょっと登ったところにありました。

IMGP2734.jpg

けっこうきれい。ただ、波が荒くて、シュノーケルとかしてもお魚さんはほとんど見れなかったみたいです。
私は、そのラグーンの見える高台のカフェで息子と夫を見守ります。こういうところに、ちゃんとカフェがあるのが、バリのすごいところ。長めがすごくよくて、ガドガドもなんだかきれい。

IMGP2737.jpg


IMGP2733.jpg

夕方になるとでている、バクソーの屋台を、麺類大好きの息子が発見。50円くらいだったかな。3人でちまっと食べました。

IMGP2754.jpg


夕飯は、数少ないレストランで。バタンアイ、本当に寂れていて、お店もお客さんが入っているところのほうが珍しいくらいでした。まあ,たしかに何もないですが。

明日のフェリーに向けて、さっさと帰って寝ました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード