一応、リゾート??

駅に着いた頃には、またまた雨。あ?。

行き先も決めてなかったので、もちろん今日の宿も決めていません。が、どうもじっとしていると、また自称「助けて上げるよ?」というお兄ちゃんに捕まりそう。なので、海方面へ向かって、雨の中とりあえず歩き始めます!

息子、「ね?のろうよ?」と早くも言ってますが、行き先が決まって無いので、とりあえず歩く私たちです。途中、息子用にアイスを補給して、その小さなスーパーで今日の宿をチェック。「せっかくのリゾート地だし、ちょっと高めのとこにいってみるかあ?今日しんどかったしね」と、ホテルを決めて、息子念願のスリーウィラーを捕まえます。

10分ほど走って、リゾートホテルっぽいところに到着?。が、フロントではすげなく「満員です」。いくつか、ちょっといいとこ(といっても、7、80ドルのはず)を聞いても、だめ。本当にいっぱいなのか、予約してないと面倒なので受けないのか。

また,いつもの「宿さがしで時間をつぶす」パターンに陥りそう。しょうがないので、近くの小さな宿へ。一応海沿いで、外からはそれほどばっちくない宿に決定です。な?んと、700円くらい??もちろん、水シャワー、扇風機のみです。

ペンキでお色直ししたばっかりで、すごいペンキ臭いですが、色合いもいい感じ(ですよね)

IMGP4331.jpg

IMGP4332.jpg

しかし、宿帳をみると2週間ほど誰も泊まっていない。それほどばっちくもないし、安いのに。ふと、町中を見ても、それほど観光客が歩いている感じもなく‥…。なんだか、ちょっと寂れているかも、ここ。

IMGP4354.jpg

でもまあ、宿が決まったので、安心。海へ!

ちょっとは奇麗かなあ、と思ってきたヒッカドゥアですが、過去の「すごく奇麗だった海」に比べると、明らかに今一歩。息子も、「あんまりきれいじゃないね」とご不満です。

が、砂浜を歩いていると、日本人の一人旅の女性に出会って、話していると?。「お子さんが絶対喜ぶものがある!」といわれて、ついていって見ると?。

IMGP4322.jpg

ウミガメです。砂浜すぐ近くで、すっかり人間に慣れた様子で、海藻なんかをもらって食べてます。はじめは、こわごわだった息子、「OK,OK」といわれておそるおそる。

本当に、人慣れしてます。いいんだか,悪いんだかですが。

IMGP4325.jpg

IMGP4324.jpg

IMGP4323.jpg

最初は、こわごわ甲羅や足の部分を触っていた息子ですが、ウミガメを夫と一緒に追いかけて、沖合へ。周りに、西洋人がやってきてもおかまいなしに、ウミガメの周りをぐるぐるする息子。きっと、「なんだ、このガキ?」と思われてただろうなあ。


すごく遠浅なのでどこまでいっても歩けそうです。ウミガメも逃げること無く、一緒にいてくれてます。もう,息子大興奮。

地元の人がいうには、90才くらいのウミガメらしい。

今日はバスと電車の移動で、6時間以上乗り物に乗っていた息子、でもまあこんなウミガメを見たら、「来た甲斐があったよね?」と確認する私、息子も「うん」といってくれました。よかった!

帰りには、重要な買い物!
ビールです。やっとわかったのですが、アルコールはこういうところでしか売っていないらしいです。まあ,リゾートだと、レストランなんかでは注文できますが、小売りはこのショップのみっぽい。スリランカ製ビール1缶、100ルピー(80円くらい)。

IMGP4321.jpg

夜は、またまた土砂降りの雨になってしまい、宿近くのレストランへ。やっぱり、どの店も客が少ない。というか、ほぼいない。そして、どこへいってもパスタやらステーキやら。私たちは、基本「その土地の物を食べる」なので、ひっそりと唯一あるスリランカ料理「CURRY」を注文。けっこうおいしかったです。息子も、ご飯と辛くないカレー。

IMGP4328.jpg

帰ってねま?す。もちろん、夜は蚊の攻撃はありましたが、結構涼しくて快適でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

こんにちは♪
旅の様子が伝わってきて読んでてとても面白いです!
私も旅大好きです!
が、とまとさんたちの行動力には感心されられます。
宿を決めずにって、相当旅慣れた人じゃないとできませんし!
うらやましいです。
私も今年は遠くへ行きたいわ~~。

いいですよね。

コメントありがとうございます。

ayytkpraさんのように、ふっとバイクで出かけたりもしたいんですが(免許ないですが)、結局まとめてしか休みがとれず、こういうスタイルです。

宿決めないのは、「現地に行けばもっといい感じの宿があるのでは?」とついつい思ってしまって、最初からなかなか決めれないんですよね。まあ,趣味みたいなもんです~

これからもよろしくです。
プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード