スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に何もない クラダン島

Trang,始めて島旅をした思い出のところです。
多分、3、4年前になんとなくTrangに来て、なんとなくアンダマンの島に行かなければシュノーケリングの楽しさも、島の楽しさも知らない、別の旅をしていたと思います。なんといっても、私は泳ぐの苦手だし(笑)。

年末年始の島旅は、宿を確保するのが大変なので、今回は既に日本から予約済み。島までの足のみ駅前で確保です。

駅前ではTrangから、いくつかの小さな島へ行ったり、島からタイやマレーシアの別のところへ行ったりする旅行者がちらほら。我が家も、島までの足を確保して、島での食料を調達にでかけます。

島って、どうしても物価が高くなるので、ビール8本、お菓子、食パン2斤くらい、ジャム、そしてお水3リットル、唐揚げなどで1000円ほど。


まずは、ミニバンで港まで1時間ほど、小さな港と言うか桟橋に到着です!
IMGP5043_20110109144018.jpg



ここで、小さな船に乗って出発です。ここのあたりは、海も全然きれいではないのですが、1時間ほど乗って目的のクラダン島につくと‥…。

IMGP5046_20110109144017.jpg

IMGP5051_20110109144017.jpg

遠浅のきれいな海です。
ただ、毎年「きれい」と言われている海へ行っているせいか、昔ほど感動できない自分たちがちょっと悲しい。

IMGP5062.jpg

クラダン島は、3、4年前にこの近くの「モック島」というところへ来た時に、「もっときれいな海があるんだ」と聞かされて、「いつか行きたいなあ」と思っていたところ、その頃は宿もほとんどなかったのに、今や4軒の宿、そして昨年には高級リゾートホテルも建ってしまいました。

それでも、小規模な宿ばかりで、お店もひとつもないところなので静か?。ヨーローッパ系の家族連れが多い。
宿のスタッフとは、みんな英語だけど、それ以外は英語がほとんど聞こえず「何語?北欧系?ドイツ?」みたいな世界。皆さん、遠くから来てるようです。

ぽつぽつと宿があるだけで、あとは海のみです!

息子は、宿についたとたん「じゃあ、行くよ?」と水着とシュノーケルのセットをつけてやる気満々です。部屋からビーチまで、裸足で行けちゃうのでらくちん。

とりあえず、目の前のビーチでお魚探検。遠浅なので、けっこう遠くまでいっても足はつきそうですが、ほとんど泳げない私は浮き輪持参です(笑)

IMGP5111.jpg

IMGP5065.jpg

IMGP5086.jpg

基本的に、海では夫と息子が先頭、私は着いて行く人です?。でも、砂浜から1mほどですでにカラフルなお魚さんが見える!

夫と息子は休憩しつつ昼過ぎから夕方まであっちこっち泳いでます。

まあ、他になにもないので。

クラダン1日目、泳ぎ終わったら、恐怖の水シャワー(曇りだったせいもあって寒い!)、夕飯は買ってきた食パンとジャムというシンプル生活で終了です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

水着が違うねwww
股間の輪っかは卒業かe-454

とまとさん、浮き輪持参って可愛い!
つって、私もそうなんだけど。

いまどき本当に何もない場所ってかなりレアではないの。
行ってぼーっとしてみたい。憧れ。

そうなの、あの水着はきてみたらさすがに小さくて(確かサイズ100)110の水着でごまかしたって感じ。

私は本当に泳ぎはだめなので、足のつかないところは浮き輪必須なのよ!

このクラダン、ほんと何もないよ~静なので、おすすめ。

ああ~~
現実逃避に最適な場所なのね~~
もう何度この記事を読んだことか!
うっとりe-267
プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。