2018の最初の種まきをしました

先日、本年度最初の種まきをしました。まずは、2200本分。

けっこう野菜の品種の名前は変なものが多いです。同じトマトとしてお店で売られているものも、実は名前は色々。大メジャーはタキイ種苗の「桃太郎」ですが、実はすでに「桃太郎〜」と名前は何十にも細分化しています。
それを総じて「桃太郎」と呼んでいます。

我が家は、なぜか桃太郎系のトマトはうまくできないので、他の会社のトマトを先日種まきしました。

「ごほうび」「大安吉日」という、ありがたさ前面の名前のトマト。
「華美」という、なんだか優雅そうな気がするもの。

その他、「ソプラノ」、タイ語の「おいしい」からとった「アロイトマト」など。
同じ大玉トマトでも、種苗会社によって様々なコンセプトで様々な品種が山のようにでています。

毎年、我が家の畑に合って、美味しいトマトができる「究極のトマトはないのか!」と、いくつかの品種をまくのですが、
なかなかそんなものはないです。

種をまくと、「今年もトマトから逃れられない日々が始まったなあ」と、複雑な気持ちになってしまいます(笑)

新しい年

あっという間に2017が終わり、気がつけば2018もすでに7日。七草粥の日になってしまいました。

今年は、20年ぶりくらいに旅行に行かない年末年始。なので、年末に夫のの実家に1泊帰省、その後年末ぎりぎりまで畑の片付け。年明けは、私の実家に帰省、長野へ帰ってきてはのんびり、ぐだぐだ過ごしています。

息子が受験生なので、何処にも行けないと言いつつ、結局帰省がらみで合わせて4泊もしていると、「近場なら行けたな」とついつい思ってしまうのですが…。

2017のトマトが絶不調だったので、「今年はトマトがんばらないと」と、お正月から夫婦で話しました。

気持ちのよい旅行のために今年もがんばります!

IMG_0205.jpg
(2017 タイ クッド島)

トマトの様子

今年もトマトはすくすくと育っています。

毎年、夫がなんだかんだと栽培方法を変えるのですが、
今年も色々と変えて…。少しでも、理想のトマトに近づきたいとやってます。

春先寒い日々が多かったせいか、まだ青いトマトです。

IMG_0315.jpg
 
草取りに追われているのが分かる写真になってしまいました。

2015-16 東洋のモナリザ バンテアイ スレイ

午前中はのんびりと過ごして…
最後の最後にホテルのトゥクトゥクで行ける範囲の遠い遺跡「バンテアイスレイ」へ。

その前にちょっと市場によってもらってぶらぶら。食べたかった甘味を食べて腹ごしらえです。

IMG_0814.jpg

かぼちゃやココナッツミルク系は、我が家の男子は今一歩なので一人で「おいしい」と食べました。

中心部から1時間ほどかかるので、のんびりと行きます。が、途中でトゥクトゥクのタイヤがパンク!

IMG_0818.jpg

IMG_0819.jpg

修理がてら休憩しながら、ちょうど欲しかった「クロマー」を物色。ちょうどいいのが買えました。

パンクもあり、1時間半ほどかかって遺跡に到着〜。

15年ほど前に来たときは、ちょうど肝心の「東洋のモナリザ」が保存工事中で近くで見れなかったのですが、今回はきれいな状態でみれました。写真失念なのですが、「小さ!」と息子は言ってました。様々なレリーフがきれいで、みんなでゆっくりと見て回りました。

有名な遺跡ですが、アンコールワットに比べると人も少なくのんびりと回れます。

IMG_0828.jpg

IMG_0826.jpg

IMG_0825 (1)

シェムリアップ、堪能です!

夜ご飯は、中心部でまた屋台ご飯!明日は、早朝に空港へ。

IMG_0803.jpg

IMG_0835.jpg

2015-16 2016ご来光をアンコールワットで!

明日の早朝のエアアジアでカンボジアをでるのですが、今日丸一日あります。

ホテルのトゥクトゥクは日の出からお願いできるということで、元旦なのでご来光を見に行くことにしました。

ホテルの人に聞くと、「4時位には出発したほうがいいかな」ということだったので、3時半起き。もちろん、息子は「興味ない」だったのですが、強制的に起こして連れていきました。

真っ暗の中出発すると、アンコールワットが近づくに連れ同じようなトゥクトゥク、観光バスがどんどん増えていきます。
アンコールワットについてみると、ちょっとした高台などは人でいっぱいでした。

IMG_0809.jpg

面白かったのは、おそろいのTシャツを来たオーストラリア人グループ。オレンジの派手なTシャツに、ファミリーの名前とAustraliaと書かれていて、3家族くらい一緒なのかなあ〜早朝からピクニックのように盛り上がってました。

そんな色々な人を見ながら1時間近く薄暗い中待って、「ここはどこ?}と思うくらいのたくさんの人の中からご来光〜。

IMG_0808.jpg

IMG_0813.jpg

明るくなって周りを見てみると、こんなことに…。

IMG_0812.jpg

アンコールワットから登る朝日は、とってもきれいで幻想的でした。このひとの多さのほうが印象に残ってますが(笑)



プロフィール

tomatoma1104

Author:tomatoma1104
いつまでたっても旅がスキ。
子供がいても、仕事が休めなくても、時間ができたらいつもで行きたい。
仕事は、トマト農家。トマトな日々、旅の日々を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード